先祖供養

○先祖供養

「仏典には、すべての功徳を七とすれば、

先祖は七分の一の功徳を得、

後の七分の六は、

祈った者が得ることができる」

と説かれていますが、

「命をくれた方々に感謝の心を向ける」

ということが一番大切なことです。

先祖のご冥福を神さまや仏さまに

お願いして追善供養をしてあげて下さい。

だけど、「修行を積んだお坊さんに

本格的な先祖供養をしてもらいたい」

と思っても、お寺との付き合いが

ないのでどこに頼んでいいかわからない。

という人もいることでしょう。そんな時は一光寺にご相談下さい。

 

 

○お寺での先祖供養

お墓も遠くて帰れない・・・。家に仏壇もない・・・。

けど、ご先祖さまの供養はしてあげたい。

そんな方がいれば一光寺でご供養なさってはいかがでしょう。

心をこめた法要をさせていただきます。

 

○本格的な先祖供養法

一光寺で行なう先祖供養は、成仏されていないご先祖さまや、

子孫を頼ってきている血筋の者達すべてを浄化していく特別な修法です。

先祖供養といっても、本格的なご供養になると簡単ではありません。

他では受けれない特殊な秘法を用いて、ご先祖さまをご供養していきます。

一光寺で行う供養は、形式だけの法要とは違い、

供養を求めている先祖の霊を感じとり、

お上がりになるようにご供養(浄化)しています。

 

○先祖供養の功徳

先祖供養をされると、充実感がみなぎり、

やる気が出てきたり、悩みが無くなったり、病気がなくなったりと、

人によって様々な不思議を体験されることもありますが、

なによりも大事なことは、ご自分のご先祖さまに感謝し、

今、生きていることに感謝することです。

情けは人の為ならず・・・と言いますが、供養も先祖の為ならずで、

廻りまわって自然とご自分に返ってくるものです。

 

○先祖供養と宿業

仏法では、苦難は、過去世において自分が行なった行為(宿業)の結果が

今世に現れたものであるととらえます。よく「霊障」といいますが、

「祟り」だけではなく、この宿業そのものが霊障ともいえるでしょう。

そこで宿業を変えていくには、先祖にねんごろな供養と、

自分自身には功徳が必要となってきます。

先祖供養を追善といいますが、そもそも追善というのは、

亡くなられた方の冥福を心より祈り、

善いことを後から追うということです。

そして、追いついた善を回向します。

それがまた、ご自分の功徳となっていくのです。

 

 

供養】 

○先祖供養(一家)…1万円(5千円)

〇先祖供養(両家)…2万円(1万円)

〇お盆・彼岸供養(一家)…2万円(1万円)

〇お盆・彼岸供養(両家)…3万円(2万円)

( )は檀家さんの志納金です。

お盆の期間(8月10日~8月16日)と、

お彼岸の期間(春分の日・秋分の日を中心とした一週間)の

ご予約は混み合いますので、お早目にご連絡下さい。

 

回忌法要など

○四十九日法要…3万円

○回忌法要(一周忌~三十三回忌)…3万円(2万円)     

○墓納骨…3万円

○初盆法要…3万円 

( )は檀家さんの志納金です。

 

特別供養

○特別先祖供養(一家)…3万円

○特別先祖供養(両家)…5万円

〇施餓鬼供養…3万5千円

○先祖特別護摩供養…10万円

※特別供養では、先祖浄霊法、施餓鬼法、観音、地蔵などの修法にて、

自殺者の多い先祖や、根深い先祖の浄化をしていきます。

 

【一年間特別護摩祈祷で先祖供養】

○一年間特別護摩祈祷(木札、御守付)…3万円(2万円)

( )は檀家さんの志納金です。

当寺院に来れない遠方の方でも、護摩祈祷での先祖供養を

お申込み頂けますので、お気軽にご相談下さい。